お花を定期的にお届け♪「花ふれあい便」
毎月1回、旬のお花を定期的にお届けするサービスです。
 
お花を定期的にお届け♪「花ふれあい便」


 
最寄の病院までお届けします。
北里大学病院、国立相模原病院をはじめ、相模原の病院の病室までお花をお届け します。

お気軽にお申し付けください。
 
 
お花を定期的にお届け♪「花ふれあい便」

店舗情報

ご利用案内
 
特定商取引法について

 

ラッピングについて

 

行事・イベント カレンダー
プレゼント
注文して頂いたお客様、お誕生日登録をして頂いたお客様の中から、毎月お花のプレゼントが1名様に当たります!

店長日記

店長日誌

こんにちは!店長の磯崎です。
写真のタヌキのお問い合わせが多いのでお答えします。
頭・胴・・・栗
目・・・おしろい花の種(白目は紙)
耳・・・ドングリのかさ(半分にします)
鼻・・・おしろい花の種(ヒゲは松葉)
手足・しっぽ・・・大小のドングリ

木工用ボンドで簡単にできますよ!
店長日記はこちらから

携帯ページ

ご相談承ります。お気軽にどうぞ。TEL:042-741-8701

HOME»  行事イベント

行事イベント

日頃暮らしていると、1年間でお祝いをする日があったり、様々な行事やイベントがあります。
何かの節目という時にお花をプレゼントしてみるのはいかがですか?

■ 様々な記念日

こんなにたくさんあることを知っていましたか?
毎年贈ってもいても、そうでなくても節目々に一言添えられたら、感動と尊敬されること間違いなし

結婚記念日にはお花を添えて   おじいちゃん、おばあちゃんお誕生日おめでとう。
結婚1年目 紙婚式
結婚3年目 革婚式
結婚5年目 木婚式
結婚10年目 錫婚式
結婚15年目 水晶婚式
結婚20年目 磁器婚式
結婚25年目 銀婚式
結婚30年目 真珠婚式
結婚35年目 翡翠珊瑚婚式
結婚40年目 ルビー婚式
結婚50年目 金婚式
結婚60年目 ダイヤモンド婚式
 
61歳 還暦
70歳 古希
77歳 喜寿
80歳 傘寿
81歳 半寿
88歳 米寿
90歳 卒寿
99歳 白寿
100歳 上寿
108歳 茶寿
111歳 皇寿
     
故人の冥福を祈って    
初七日 没後7日目(今では葬儀の時に済ませてしまう場合が多い)
三十五日 没後35日目
四十九日 没後49日目
百か日 没後100日目
一周忌 没後1年目
三回忌 没後2年目
月命日 毎月の故人となった人同じ日
これ以降 七回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。
(読みはそのまま読んでください)
   
 

■ お花の行事

一年間には様々なイベントがあります。こちらを参考に、お花を贈るのもいかがですか?

イベント月 イベント日 イベント内容
1月 第2月曜日 成人式
成人をする人をお祝いする日
2月 14日 セント・バレンタインデー
女性が男性に愛を告白する日
3月 3日 ひな祭り 桃の節句
女の子の幸せと成長を願うお祭り
  14日 ホワイトデー
男性が女性に愛を告白する日。
バレンタインのお返しする日。
  春分の日
前後1週間
春のお彼岸
先祖のお墓参りする期間
  3月中 卒業式
4月 4月初旬 入学式
5月 5日 こどもの日 端午の節句
男の子の無事な成長を願うお祭り
しょうぶ湯に入って厄除けをする。
  第2日曜日 母の日
お母さんに日ごろの感謝をする日。
6月 第3日曜日 父の日
お父さんに日ごろの感謝をする日。
7月 7日 七夕
笹に願い事を飾ります。
  13日~16日 お盆
先祖の霊をお迎えする日
8月 13日~16日 お盆
先祖の霊をお迎えする日
9月 9日 重陽の節句 菊の節句
  15日 敬老の日
年輩の方を敬い、長寿を祝う日。
  秋分の日
前後1週間
秋の彼岸
先祖のお墓参りをする期間
10月 31日 ハロウィン
キリスト教の万聖節を祈って前夜に行われるお祭り。
11月 15日 七五三
子供の成長を祝う日
12月 24日 クリスマスイブ
  25日 クリスマス
キリストの生誕を祝う日
  30日 お正月花で新年を迎える準備は晦日まで
  31日 大晦日
 

■ 花にまつわる物語  アルケミラモリス

英名は「レデイースマントル」。葉の形から聖母マリアのマントを連想してこう呼ぶ。本当かどうかははっきりしないが、この植物を錬金術(アルケミー)に使ったので、この名がついたとも言われています。

*8月 7日(金)  立秋

二十四節気の1つ。この日から処暑までの期間。
夏至と秋分の中間にあたり、昼夜の長短を基準に季節を区分すると、この日から立冬の前日までが秋となる。

この日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになる。

この日に至っても梅雨が明けない場合は、「梅雨明け」の発表はされなくなる。それ故に東北地方などでは、「梅雨明けなし」となることが過去に何度かあった。

*8月15日(土)  ぼん

お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多く、古神道における先祖崇拝の儀式や神事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たと考えられている。
仏教用語の「盂蘭盆」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。 盆とは文字通り、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を備え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。 現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。

盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀頃には、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。 地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれる。

*8月30日(日) 処暑

二十四節気の1つ。この日から白露までの期間。
暑さが峠を越えて後退し始めるころ。七月中。『暦便覧』では、「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明している。
二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日とされている。

 

今週の誕生日の花でみる、花占い!!

*8月16日 生まれの方。 誕生日の花は、ヤナギラン!

  花言葉:集中する
・花言葉の由来:月見草やオオマツヨイグサに近縁で、花の色は違いますが、枝分かれせずに真っすぐに伸びる姿はよく似ています。まっすぐな茎に赤くきれいな花を穂状につける姿、地中に長い茎を伸ばして群生を作る性質。そのどちらを見ても「集中する」という花言葉がふさわしいでしょう。花期には美しい風景を作り出します。
・今日生まれた人の花占い:仕事でも遊びでもギャンブルでも一発勝負が好き。株にも関心あり。劇的な恋愛を求める。

*8月17日 生まれの方。 誕生日の花は、ノコギリソウ!

  花言葉:忠実
・花言葉の由来:学名のアキレアの由来は、ギリシャ神話の英雄アキレスの槍から落ちて花になったという説と、ギリシャのアキレアという医師が薬効を発見した、という説があります。古代ギリシャでは傷薬、中世ヨーロッパでは薬草、恋占いに用いられ「恋の戦い」という花言葉が生まれましたが、特に清浄な白花には忠実のイメージされたのでしょう。
・今日生まれた人の花占い:贅沢なものが似合う人。人から崇められる資質をもちながらも仕える人には忠義をつくす。

*8月18日 生まれの方。 誕生日の花は、ヒャクニチソウ!

  花言葉:友への想い
・花言葉の由来:青以外のすべての色があるといわれるほど花色が豊富で、姿も変異が多く、可憐な小輪から豪華な八重咲きまであります。ヒャクニチソウの名は、花の寿命が長く、百日も咲き続ける事に由来します。美しいままの姿を保つこの花のイメージと「友への想い」「高貴な心」など、大切な気持ちとを重ね合わせたのでしょう。
・今日生まれた人の花占い:名誉を愛し、支配欲も強い。それでも友情を大切にし、いつも親友のことを気にかけている。

*8月19日 生まれの方。 誕生日の花は、ナス!

  花言葉:つつましい幸福
・花言葉の由来:薄く紫がかった小さな花を咲かせます。花言葉の由来は、花を見ると、つつましいと思えるほど小さなところでしょうが、煮物や揚げ物にしたナスを口に含むと、うまみがじゅわっと染み出してくるところに、ささやかな幸せを感じてしまうように思いませんか。
・今日生まれた人の花占い:強靭な性格。君臨する場がふさわしい。それでも本人自身は小さな幸福で善しと願う。

*8月20日 生まれの方。 誕生日の花は、センニチコウ!

  花言葉:変わらぬ愛情、不朽
・花言葉の由来:1年草なので、千年咲き続けることは無理ですが、ドライフラワーにしても色が長く残るため千日紅と呼ばれています。花言葉も、色が長く残ることに由来します。
・今日生まれた人の花占い:権威的立場にある時ほど生き生きする。パートナーには終生変わらぬ愛を注ぐ。

*8月21日 生まれの方。 誕生日の花は、ノリウツギ!

  花言葉:臨機応変
・花言葉の由来:真っ白いこの花を見ると、清涼感に充たされる思いがします。アジサイの仲間では日向を好む方で、最も背が高くなる種類ですが、時には匍匐するように繁茂したり、日陰にも適応して花を咲かせる姿は「臨機応変」そのものです。
・今日生まれた人の花占い:勢力的で熱望する物への執着は相当。それでも場に応じて臨機応変な態度をもとれる人。

*8月22日 生まれの方。 誕生日の花は、ナツズイスセン!

  花言葉:快い楽しさ
・花言葉の由来:水仙の名が付いていますが、リコリス属に分類され、キツネノカミナリや彼岸花と同じ仲間です。そのため「悲しい思い出」という彼岸花と同じ花言葉も使われていますが、明るいピンク色の花を咲かせるナツズイセンは「快い楽しさ」のほうがピッタリですね。
・今日生まれた人の花占い:人生を楽しむことを知っている人。寛大。賞賛好き。自尊心が強い。華美な装飾が似合う人。